サラッとドライ®(光触媒のタオル・クロス・ハンカチ)の製造メーカー、株式会社アスカ

光触媒について

酸化チタン光触媒は人体に無害の物質であり、植物と同じようにクリーンな光エネルギーを利用して雑菌やシックハウスの原因となる有害ガス、臭いの分子等を分解します。

光触媒にって?

光触媒とは、酸化チタンが触媒となって、光のエネルギーを利用しておこる分解反応です。自らは変化しないので半永久的に使用でき、紫外線さえあればどこでも反応します。従って原料コストがかからず低コスト、廃棄物を出さないクリーンな材料でもあります。さらに、酸化チタンの表面にあるものを強力に分解することができる革新的な技術です。例えば、タバコのヤニから大腸菌までも分解し、悪臭、環境ホルモンにも効果 があります。しかも、酸化チタンはチョコレートなどのコート材に使用されている人体に無害のもので、環境にもやさしい物質であることも注目されています。

よくある質問

光触媒についていろいろな質問が寄せられます。代表的なものをまとめておきます。

  • 光触媒とはなに?光触媒になるものは?
  • 光触媒とは簡単に言うと光で働く触媒です。普通の触媒は熱によって化学反応を速くしますが、光触媒は光を吸収して化学反応を促進します。光触媒になる物質は主に半導体と色素(有機金属錯体)です。いずれも内部の電子が光で励起されることにより光触媒作用をします。市販されている光触媒はほとんど二酸化チタン(TiO2)です。植物の光合成をしている葉緑素(クロロフィル)もまた一種の光触媒です。
  • 光触媒はどういう働きをするのか?
  • 一般に使われている酸化チタン光触媒では酸化反応が起こります。光触媒表面に吸着した有機物が空気中の酸素によって酸化、分解されて除去されます。これにより脱臭、殺菌、防汚、公害物質除去、などができます。また、酸化チタン表面は光によって超親水性になるので鏡やガラスの曇り防止ができます。
  • 光触媒の効果の持続性は?
  • 繊維専用光触媒の構造
    酸化チタンの外側にアパタイトを形成しており、繊維に絡み付き繰り返し洗濯 をしても流れ落ちにくくなっています。 また、酸化チタンが直接繊維に付着しない使用しようしております。
  • 一般的な光触媒の構造
    酸化チタンが球状なので、洗濯により流れ落ちてしまいます。 また、酸化チタンが直接繊維に付着するので、繊維自体を傷めてしまいす。
  • 光触媒は人体に無害か?
  • 酸化チタンは昔からペンキや化粧品に使われている身近にある物質です。肌に直接つけて光にあてるようなことをしない限り無害です。また、光触媒の表面には活性酸素種ができますが、これが空気中に飛び出して漂うようなことはありません。光触媒により有害物質が分解されてさらに有害なものになることは一般にありません。

サラッとドライ

ハワイアンタオル

まきまきたおる

サラッとターバン

サラッとキャップ

サラッとウォッシュ

よくある質問